読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佑二郎の納得のいく諭告

佑二郎のブログ

ワシントンのどぶさらいをしろ!と方針を撤回した。

佑二郎です、昨年11月の選挙の結果、この1月からねじれが解消することで、トランプ氏の政策がスムーズに実現する条件が整った状態だ。
今回も共和党支配が続くうちは、オバマ政 権の政策を覆す余地がある。
イランが核開発制限の約束を守れば米欧が経済制裁を解除するというイラン核合意についても、トランプ氏、共和党ともに撤廃で同調する。
しかしトランプ氏と共和党内の意見が対立する点もあり、火種を残すことになりそうだ。
オバマ政権が実施したサイバー攻撃に関する対ロ制裁は、マケイン上院軍事委員長ら対ロ強硬派が多い党内で支持が強い。
閣僚に親ロ派を指名するなどロシアとの関係改善を図るトランプ氏が制裁解除に動けば、議会との対立は必至だ。
ロシアのプーチン大統領は制裁への報復を留保し、トランプ次期政権の出方を注視する。
トランプ氏は1兆ドル規模のインフラ投資を掲げている。
民主党の一部がこれに賛意を示すものの、財政悪化を懸 念する共和議員の一部が反発している。
トランプ氏が示す環太平洋経済連携協定北米自由貿易協定などの貿易協定の撤廃にも、党内に異論がある。
ただトランプ氏は劣勢とされた下馬評を覆し大統領選に勝利した勢いに乗って、強気の姿勢を崩さない。
議会が取り組むべきことが多いなか、議会倫理局の権限を弱めることが本当に最優先課題なのか。
トランプ氏は3日、ツイッターへの投稿で議会を批判した。
下院共和党は議員の不正行為を調査する議会倫理局の権限縮小案を2日に承認していた。
ワシントンのどぶさらいをしろ!と政治腐敗改革を強調するトランプ氏に押され、下院共和党は投稿の数時間後、方針を撤回した。
ではでは、最後は「喪服」の情報で〆ます。
喪服
マナーとはどのようなものかというと、まず男性はブラックフォーマルの黒スーツに白ワイシャツ、黒ネクタイに黒靴下、バッグや靴も黒で統一します。
女性の場合も黒のスーツまたは黒ワンピースのツーピースで、スーツはスカートが主流です。昔はパンツスーツもNGでしたが、今はパンツスーツのブラックフォーマルも増えています。
そして黒のストッキングにバッグも靴も黒で統一しますが、デザインに普段来ているスーツやワンピースに加えて条件が存在します。